文字の大きさ 文字の大きさ小 文字の大きさ中 文字の大きさ大



葬儀のQ&A

葬儀のマナー

通夜の作法

通夜(つや)とは葬儀前夜に夜通しで故人の成仏を祈る儀式のことです。正式な儀式ではなく身近な人が集まるので厳密なしきたりはありませんが、一般的に席順は血縁の近い人から祭壇のそばの席に着きます。

仮通夜

仮通夜に参加する場合、家人は葬儀の準備等で慌しくしている場合もありますので、長居はせずに入り口で挨拶だけして失礼するのがよいでしょう。その際故人の死因について聞くのはやめましょう。

遺体との対面

故人との特別な関係、家人から勧められた場合を除き遠慮しましょう。対面時は遺体の枕元より少し後ろで正座をし、一礼の後遺族が顔の白布を外したら対面し、一礼をして合掌します。その後遺族の方にも一礼をします。

本通夜

本通夜もあまり長居をしないようにし、焼香後の通夜振る舞いは一口でもいいので箸をつけ、断らないようにしましょう。

ページTOPへ

忌み言葉

葬儀の挨拶や弔辞の際に使用すべきでない言葉の事で、できるだけ意識して使用しないようにしましょう。
「再三」「重ね重ね」「返す返すも」「またまた」「度々」といった重ね言葉
「迷う」「浮かばれない」といった仏式での忌み言葉
「供養」「成仏」といった仏式以外での忌み言葉

仏式葬儀の作法

お焼香

仏式のお通夜・葬儀・法事には必ず霊前へのご焼香が行われます。焼香は、その香気によって仏前を清めるもので、その香を霊に手向けるものとされています。
焼香には「抹香」をたくものと「線香」をあげるものがありますが、一般的には葬儀・法事では抹香をたく場合が多いようです。また香は仏教だけでなく、キリスト教(カトリック)の葬儀のときの前夜式などに使われる場合もあります。

手順
  1. 遺族に一礼し、焼香台の前に進み遺影を仰いで一礼、合掌した後にご焼香をします。
  2. 左手に数珠をかけ右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみます。
  3. 抹香を軽くつまみ、そのまま手のひらを返すことなく右目の高さまでささげます。(浄土真宗では香を額におしいただかずにつまんだ香をそのまま香炉に落とし入れます。)
  4. 抹香を香炉の中へ静かに落とします。(宗派によって回数は変化し※(1〜3回)、会葬者が多い時は、1回だけ行うのが一般化しています。)
    ※真言宗の場合は、仏、法、僧の三宝(さんぽう)を敬い、 むきぼり、怒り、迷いの三毒の心を清めるという意味から3回行います。
  5. 再び遺影に合掌、一礼をし、向きを変えずに少し下がり、遺族に一礼して戻ります。

ページTOPへ

神式葬儀の作法

手水の儀

葬儀の前に身を清めるために必ず手を清めるしきたりがあります。弔問客のために会場の入口に水の入った桶とひしゃくを用意しておくのが正式ですが、省略されることも多くなっています。

  1. 左手に水を注ぎます。
  2. 右手を清めます。
  3. 再度左手に水を注いでそのまま口をすすぎ、両手を拭きます。
玉串奉奠

玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられています。仏式の焼香にあたるのが玉串奉奠です。

  1. 玉串を両手で受け取ったら案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただきます。
  2. 根元を手前にしてまっすぐ持ち、軽く目の高さまで捧げ時計回りに180度回転させて上下の向きを変え、葉の方を手前にして供えます。
  3. 二礼した後音を立てず二拍手(しのび手)し、最後一礼します。

キリスト教葬儀の作法

献花

仏式の焼香にあたる儀式が献花になります。花を手前に、根元を祭壇側に向けて献花台に供えます。

ページTOPへ